あかでやみぬる月の光を

本との出会いを徒然なるままに綴る。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起業前夜 (上)

起業前夜 (上)
著者:高任和夫

 扶桑証券経営企画部付き部長の猪狩雄二・46歳。公開引受部に在籍した頃は、株式の上場や公開でスケールメリットの生かせる企業を上場基準に合致した会計基準や財務体質に指導し公開させる。
文字通り現場の仕事で頭角を現した雄二が率いた公開引受部は、他の証券会社から一目も二目も置かれる存在となり猪狩軍団と揶揄された。もちろん当時・次長として辣腕を振るった雄二に対して畏敬と尊崇の念を込めてそう呼ばれたものだった。
 その雄二が経営企画部に移動してまもないころ、黒豹と呼び習わされる男から電話で相談があると呼び出される。
「扶桑証券が飛ばしをやっている。知っているか?」

 黒豹こと鬼山猛は、猪狩と変わらない年代で都内を中心に50店舗の居酒屋チェーンを築き上げた。経済雑誌などでは立志伝中の人物と紹介されるが、マスコミ嫌いでインタビューに応じたことのない世間では謎の人物だった。
 黒豹とは居酒屋チェーンを株式上場させて以来の付き合いだったが、些か無料のコンサルタントと思われているフシもあり、いい加減にして欲しいと思う反面、頼られていると悪い気がしないのも事実である。

 そして、週末の休みに鴨川で感嘆合い照らすように飲み明かした後、黒豹の口から扶桑証券が株を20億で預かって欲しいといってきた内容が明かされる。そして、雄二をたしなめるように付け加えた。
「調べてみるつもりだろ?だが、慎重にやったほうがいい。上層部がからんでいる可能性が高いからな」

 黒豹は言葉を続けて、沈む船に見切りをつけて俺と一緒に事業をやろう。とまで持ちかけてくれたありがたい話だった感謝の念に堪えなかったが、雄二の心は高揚しなかった。



 バブル崩壊後の混乱をなぞるような作品ですが、モデルと思しき”山一證券”の色々な検証を試みた書物やその後の足取りを折った作品なども少し読みましたが、会社がつぶれるときは外部からの買収や乗っ取りではなく、内部からの崩壊で潰れていくということに他なりません。
 色々と個々の会社の都合などもあるのでしょうが、買収などの外部の手による物でも元を辿れば創業者一族の軋轢や経営陣の乖離といった内部の問題点に集約されていきます。

 そして、本書においても部長付きという一種の閑職とも取れる立場ながら主人公は企業内部の情報を集めながら経営陣に迫っていきます。それは組織にとっては悪いことなのかもしれませんが、組織自体の浮沈が掛かっているときには良いか悪いかという問題ではないともいえます。
しかし、組織というものはいったん機能しだすと崩壊するまで矛盾点には眼を瞑るものなのかもしれません。

小説・文芸・経済・ドラマ
起業前夜〈上〉 (講談社文庫)起業前夜〈上〉 (講談社文庫)
(2005/12)
高任 和夫

商品詳細を見る


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

緋色悠依

Author:緋色悠依
あかでやみぬる月の光を

 お勧めの本を紹介しております。
 リンク・フリー(アダルトはご遠慮ください)です。コメントなどでご一報いただければ幸いです。
あなたの拍手などが明日への活力に!!応援よろしくお願いします。

最新記事

三宅 純 Jun Miyake ブログパーツ

[Jun Miyake Music Player]

最新オリジナルアルバム[Stolen from strangers](2007)、[The Miraculous Mandarin](舞台:中国の不思議な役人)(2009)から、デビューアルバム[JUNE NIGHT LOVE](1983)まで、ソロでの作品からサウンドトラック、プロデュース作品、CM音楽として提供したものなど、今までの作品の中から21タイトル(09年10月現在)・各4~6曲ずつ全122曲を試聴できます。既に入手困難なアルバムもラインナップ。各曲フルレングスで聴くことができ、三宅 純の世界をPC上で体感できるパーツです。 TDKカセットテープ ADスプレンダーCM曲。アルバムjune night loveに収録されている「could it be real?」がお勧め。

おまかせ

2ちゃんねる痛いニュース

http://www.starbucks.co.jp

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ジオターゲティング


ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。