あかでやみぬる月の光を

本との出会いを徒然なるままに綴る。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆軍の旗

逆軍の旗
著者:藤沢周平

「逆軍の旗」
 明智光秀の「そのとき歴史が動いた」その前日談から始まる短編。連歌会でその直前の気持ちを吐露したかのような発句「時は今あめが下しる五月哉」。雅美を持つ光秀には似つかわしくない発句に、その場にいたものは不自然さを感じるものの光秀の奥底までは詠めなかった。
 そして、その時「右府殿を討つ」
天正十年六月一日。本能寺に馬首をめぐらした。


短編4編収録。「逆軍の旗」「上意改まる」「二人の失踪人」「幻にあらず」

 光秀の反逆を前日の短い期間で遡った「逆軍の旗」。半生を綴るよりは前日の短い時間の流れが惹きつけて離さない緊張感を与えて短編としては非常に秀逸な作品といえるでしょう。
 ほかに「幻にあらず」は「漆の実のみのる国」の前日談とも実験的な施策のうえでの短編ともとれる貴重な意味も含めてよく出来た作品です。この4作品にて史実の資料を猟歩したのは間違いのないところで後の作品にも影響が大きかったのではないかと思います。

小説・歴史・時代・史実・ドラマ・短編
逆軍の旗 (文春文庫 (192‐11))逆軍の旗 (文春文庫 (192‐11))
(1985/03)
藤沢 周平

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

緋色悠依

Author:緋色悠依
あかでやみぬる月の光を

 お勧めの本を紹介しております。
 リンク・フリー(アダルトはご遠慮ください)です。コメントなどでご一報いただければ幸いです。
あなたの拍手などが明日への活力に!!応援よろしくお願いします。

最新記事

三宅 純 Jun Miyake ブログパーツ

[Jun Miyake Music Player]

最新オリジナルアルバム[Stolen from strangers](2007)、[The Miraculous Mandarin](舞台:中国の不思議な役人)(2009)から、デビューアルバム[JUNE NIGHT LOVE](1983)まで、ソロでの作品からサウンドトラック、プロデュース作品、CM音楽として提供したものなど、今までの作品の中から21タイトル(09年10月現在)・各4~6曲ずつ全122曲を試聴できます。既に入手困難なアルバムもラインナップ。各曲フルレングスで聴くことができ、三宅 純の世界をPC上で体感できるパーツです。 TDKカセットテープ ADスプレンダーCM曲。アルバムjune night loveに収録されている「could it be real?」がお勧め。

おまかせ

2ちゃんねる痛いニュース

http://www.starbucks.co.jp

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ジオターゲティング


ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。