あかでやみぬる月の光を

本との出会いを徒然なるままに綴る。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よろずや平四郎活人剣(下)

よろずや平四郎活人剣(下)
著者:藤沢周平

 神名平四郎は旗本の末弟。妾腹でもあるため神名家からいち早く独立するために、雲弘流道場の同門の明石半太夫の誘いで新たな道場を興す話に渡りに船と誘いに乗ったが、肝心の道場資金を明石に持ち逃げされいまさら神名家に戻るみ戻れなくなった平四郎は仲裁家業を始めることにした。
 兄監物が探す高野長英が書き残した「蛮社遭厄小気」の探索と、水野・鳥居の失脚をもくろむ政治闘争も大詰め。そして、平四郎も探索の途中いまだ思い続けていた早苗と遭遇し、早苗が菱沼家に嫁いだこと、しかし早苗の父が菱沼から借金したために菱沼家に嫁がざる終えなかったことを早苗から聞き出す。
 平四郎は早苗と再開したことで寄り添うことを強く願うようになるが……。



 主人公が旗本の末弟という微妙な位置で揉め事の仲裁を生業にするところが、武家と市井の垣根を取り払い、人情や剣客といった時代劇のエッセンスを存分に取り込むことに成功している。もはや面白い一流のエンターテイメントにならないはずはないのである。
 平四郎も人妻となっていた早苗を一途に思い、早苗も平四郎との新たな生活に苦労は感じながらも全てを受け入れる大きさを感じる。平四郎が身に付けた武家の苦労よりも市井の苦労を味わった逞しさゆえだろうか。

小説・歴史・時代・武士・ドラマ・TV・NHK
よろずや平四郎活人剣〈下〉 (文春文庫)よろずや平四郎活人剣〈下〉 (文春文庫)
(2003/12)
藤沢 周平

商品詳細を見る

スポンサーサイト

Comment

 

どうもです。時代小説とコミックの欄を訪問させていただきました(笑)藤沢周平さんがお好きなんですねww

私は、「蝉しぐれ」とこの「よろずや・・」しか読んだことないんですけど、面白かった。どちらかといえば、明るいこちらのシリーズのほうが好きな私は、ちょっと藤沢周平苦手かな。。旨いと思うし、読んでて深いし、市井物でも武士物でも割りと、普通の人々を取り上げているところがいいんだけど。小説に非日常を追い求める自分には、そこが物足りないような。

ともあれ、また来てください。
いろいろとお話しましょう。
現代ものもいろいろと参考になります。こんどまた、じっくりみにきますね。

よろしくお願いします。
  • posted by tokyoflight08 
  • URL 
  • 2008.12/15 17:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

緋色悠依

Author:緋色悠依
あかでやみぬる月の光を

 お勧めの本を紹介しております。
 リンク・フリー(アダルトはご遠慮ください)です。コメントなどでご一報いただければ幸いです。
あなたの拍手などが明日への活力に!!応援よろしくお願いします。

最新記事

三宅 純 Jun Miyake ブログパーツ

[Jun Miyake Music Player]

最新オリジナルアルバム[Stolen from strangers](2007)、[The Miraculous Mandarin](舞台:中国の不思議な役人)(2009)から、デビューアルバム[JUNE NIGHT LOVE](1983)まで、ソロでの作品からサウンドトラック、プロデュース作品、CM音楽として提供したものなど、今までの作品の中から21タイトル(09年10月現在)・各4~6曲ずつ全122曲を試聴できます。既に入手困難なアルバムもラインナップ。各曲フルレングスで聴くことができ、三宅 純の世界をPC上で体感できるパーツです。 TDKカセットテープ ADスプレンダーCM曲。アルバムjune night loveに収録されている「could it be real?」がお勧め。

おまかせ

2ちゃんねる痛いニュース

http://www.starbucks.co.jp

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ジオターゲティング


ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。