あかでやみぬる月の光を

本との出会いを徒然なるままに綴る。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麦屋町昼下がり

麦屋町昼下がり
著者:藤沢周平

「麦屋町昼下がり」
 片桐敬助は上司である草刈甚左衛門に呼ばれ縁談の話を持ちかけられた、相手は御書院番を務める百二十石の三女に片桐は三十五石取り、身分が違いすぎると誇示するが上司の奨めに無碍にも断れず、草刈の屋敷を下がったのは月が昇った夜も深けた頃だった。
 帰りの夜道で男女の言い争う声が聞こえたかとおもうと、走る女の後ろを抜身を持った男が追いかけてくる。行きがかり上仲裁する暇もなく切りかかってきた男を切り捨てた片桐だったが、女に事情を問うと女は藩内随一の剣の使い手弓削新次郎の妻女、そして切った男は舅だった。
 片桐に下された藩の処分は形式的なもので済んだが、弓削新次郎が片桐に報復を行うのは時間の問題とおもわれる噂で藩内は持ちきりだった。片桐は必勝の剣を授かりに道場に通うが……。


短編4編収録。「麦屋町昼下がり」「三ノ丸広場下城どき」「山姥橋夜五ッ」「榎屋敷宵の春月」

 何れの短編も藩のチョットした騒動からあわや一大事までを描いています。「麦屋町昼下がり」「三ノ丸広場下城どき」は秘剣シリーズにも共通するような剣の修行に励む姿もほほえましく思えます。

小説・歴史・時代・武士・ドラマ・短編
麦屋町昼下がり (文春文庫)麦屋町昼下がり (文春文庫)
(1992/03)
藤沢 周平

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

緋色悠依

Author:緋色悠依
あかでやみぬる月の光を

 お勧めの本を紹介しております。
 リンク・フリー(アダルトはご遠慮ください)です。コメントなどでご一報いただければ幸いです。
あなたの拍手などが明日への活力に!!応援よろしくお願いします。

最新記事

三宅 純 Jun Miyake ブログパーツ

[Jun Miyake Music Player]

最新オリジナルアルバム[Stolen from strangers](2007)、[The Miraculous Mandarin](舞台:中国の不思議な役人)(2009)から、デビューアルバム[JUNE NIGHT LOVE](1983)まで、ソロでの作品からサウンドトラック、プロデュース作品、CM音楽として提供したものなど、今までの作品の中から21タイトル(09年10月現在)・各4~6曲ずつ全122曲を試聴できます。既に入手困難なアルバムもラインナップ。各曲フルレングスで聴くことができ、三宅 純の世界をPC上で体感できるパーツです。 TDKカセットテープ ADスプレンダーCM曲。アルバムjune night loveに収録されている「could it be real?」がお勧め。

おまかせ

2ちゃんねる痛いニュース

http://www.starbucks.co.jp

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ジオターゲティング


ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。