あかでやみぬる月の光を

本との出会いを徒然なるままに綴る。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たそがれ清兵衛

たそがれ清兵衛


 原作:藤沢周平。いずれも下級武士の風采の上がらない日常に反して剣を取れば凄腕を披露する短編時代小説。「たそがれ清兵衛」「竹光始末」「祝い人助八」を基に翻案した2002年公開の日本映画


 江戸時代末。海坂藩の下級藩士、井口清兵衛(真田広之)は、妻に先立たれ幼い二人の娘と年老いた母との四人暮らし。認知症ぎみの母と幼い子供二人の世話。労咳で死んだ妻の薬代の借金などで御蔵役の勤めを終えると真っ直ぐに帰宅し家事と内職に勤しみ、日々の暮らしに追われる中で次第に身なりが薄汚れて、同僚たちには”たそがれ清兵衛”とあだ名されて呼ばれるほどだった。

 ある日、清兵衛は親友の飯沼倫之丞(吹越満)と再会する。ふと倫之丞は妹の朋江(宮沢りえ)が、酒乱の夫・甲田豊太郎(大杉漣)に暴力を度々受けていたことで離縁させた旨を清兵衛にうちあけるのだった。

 そんな折に、清兵衛がいつもどおり早々と帰宅すると、そこには若い女性の姿があった。朋江である。機織仕事で退屈だからと清兵衛の家を訪れていたのだった。懐かしそうに昔のことを話す幼馴染の朋江に清兵衛は淡いひと時を過ごすのだった。
 その晩に、飯沼の家に朋江を送り届けた清兵衛は、酒に酔った甲田が離縁させられたことに腹を立てて倫之丞に果し合いを申し込んで押し問答の最中だった。
 清兵衛は、酔って暴れる甲田を取り鎮めると、自分が倫之丞に代わって果し合いの相手を務めると宣言する。そして、翌朝に城下の般若寺裏の河原で相対した二人は、真剣を抜いて斬りかかる甲田に対して清兵衛は棒切れであっさりと倒しのだった。
 この一件は、うすうす城内で噂となりささやかれはじめた。


たそがれ03
 そのこともあってか、朋江は清兵衛の家へ頻繁に通い家事や娘の世話をするようになっていた。清兵衛の家に久しぶりに穏やかな日々が続く。
 そんなある日、海坂藩の藩主が没し、後継者を巡って藩内にただならぬ雰囲気が立ち始める。そこで倫之丞は河原で釣りを装いつつ朋江を清兵衛の下へ嫁がせたいと申し出るが、清兵衛は分不相応だとしてその申し出を丁重に断るのだった。



 藩主が改まり藩の内部では守旧派の交代が始まった。その中に藩随一の一刀流の剣豪・余吾善右衛門(田中泯)がいた。余吾は切腹を命じられたにもかかわらず拒否したばかりか、上意討ちに訪れた服部玄蕃(夏坂祐輝)を返り討ちにし屋敷に立て篭った。
 新たな討手を探していた藩の重役は般若寺裏の決闘で甲田を倒した清兵衛の剣を見込み白羽の矢を立てる。清兵衛は討手の藩命に遁辞を構えるが、家老達はそれを許さず清兵衛の家族を持ち出して厳命するのだった。


たそがれ01
 翌朝、清兵衛は朋江を自宅に呼び身支度の手伝いを頼む。決闘を前に清兵衛は朋江に想いを打ち明ける。
「果し合いに打ち勝ったら井口家に嫁に来てほしい」
 しかし、時すでに遅く朋江は清兵衛に縁談を断られた後、別の縁談を受けていたのだった。



 余吾の屋敷に慎重に入り込んだ清兵衛だったが、そこには屋敷の奥に憔悴した余吾善右衛門が打ちしおれていたのだった。余吾は苦しかった浪人時代を振り返り、労咳で亡くした妻子や藩のために懸命に働いた末に命じられた切腹が理不尽だと漏らす。
 しかし、清兵衛が妻の葬式代のために刀を売ってしまったとうっかり口をすべらると、余吾の目付きが変わり清兵衛に斬りかかるのだった。
 屋敷中を這いずり回るような壮絶な果たし合いに辛勝した清兵衛は満身創痍のまま自宅に戻ると。そこには清兵衛を待っていた娘二人と朋江が出迎えるのだった。
たそがれ04
 ひそかに朋江を思い再会を期して帰った清兵衛と、清兵衛の無事を待ちつづけた朋江の心が重なり合った瞬間だった。

 しかし、朋江を妻に迎えた清兵衛が幸せな暮らしを送ったのは、三年ほどだった。戊辰戦争で賊軍となった海坂藩は官軍と戦い清兵衛は戦火の中であっけなく死んでしまった。




 清兵衛の娘が父の墓参に訪れる。
「たそがれ清兵衛は不運な男だという人もいるが、私はそうは思わない。私たち娘を愛し、美しい朋江さんに愛され、充足した思いで短い人生を過ごしたにちがいない。そんな父を誇りに思う。」 



キャスト
井口清兵衛:真田広之
飯沼朋江:宮沢りえ
余吾善右衛門:田中泯
晩年の以登:岸惠子
井口萱野:伊藤未希
井口以登:橋口恵莉奈
井口きぬ:草村礼子
井口藤左衛門:丹波哲郎
久坂長兵衛:小林稔侍
甲田豊太郎:大杉漣
飯沼倫之丞:吹越満
飯沼八重:深浦加奈子
直太:神戸浩
寺内権兵衛:中村梅雀
堀将監:嵐圭史
大塚七十郎:尾美としのり
藤左衛門の中間:桜井センリ
矢崎:赤塚真人
坂口:佐藤正宏
川並:北山雅康
藩主:中村錦之助
種:水野貴以
服部玄蕃:夏坂祐輝
検分役:前田淳
手代:菅原司
豊太郎の下僕:佐藤亮太
立会い人の男: 谷口公一
立会い人の男:田中輝彦
他、田中世津子、宮島隆子、伊東美紀、高田紗千子、小森麻由、厨孝博、吉川淳史、吉田研二、山崎貴司、尼子信也、石野理央、佐藤則夫


スタッフ
監督 山田洋次
製作:大谷信義(松竹)、萩原敏雄(日本テレビ放送網)、岡素之(住友商事)、宮川智雄(博報堂)、菅徹夫(日本出版販売)、石川富康(衛星劇場)
プロデューサー:中川滋弘、深澤宏、山本一郎
脚本:山田洋次、朝間義隆
脚色:山田洋次、朝間義隆
原作:藤沢周平
撮影:長沼六男
美術:出川三男、西岡善信
装飾:島村篤史
照明:中岡源権
音楽:冨田勲
音楽プロデューサー:小野寺重之
主題曲/主題歌:井上陽水
編集:石井巌
録音:岸田和美
音響効果:帆苅幸雄
MA(音声編集):浅梨なおこ
衣装(デザイン):黒澤和子
衣裳/スタイリスト:松田和夫、湯沢恵美子
製作担当:相場貴和、阿曽芳則、峰順一、斉藤朋彦
助監督:花輪金一
スチール:金田正、鈴木さゆり
特殊造形:原口智生
庄内弁指導:山崎誠助
殺陣:久世浩、夏坂祐輝
製作委員会:小林昂、平井文宏、奥田誠治、山崎喜一朗、田村雄二、吉井伸吾、林正俊、長坂勉、江川友浩、佐藤学、湯浅政一、飯田隆、青木貞茂、中田清、古屋文明、藤沢美枝子、市川賢一、小松賢志、佐野俊広、長谷川一郎、山崎克己、秋元一孝
配給:松竹



 山田洋次の世界観で繰り広げられる時代劇ですので、そのあたり原作との乖離を気になさらないのであれば秀逸な家族のドラマを丁寧に織り込んだ時代劇エンターテインメントとして非常に楽しめる作品です。
 しかし、原作を気にしだすと決して藤沢周平のテイストではないので初期短編集のような暗い世界では決してなく。そこは山田流で紡ぎだした家族の愛を描いた別物の作品と写るでしょう。


 私なりには前者でもあり後者でもあるのですが、作品を細かく解剖してみると照明やカメラを一流スタッフで固めた松竹陣を擁しているので、非常に優秀すぎてわかりにくくなっていますが。
 これは、どうしてもTV版の「男はつらいよ」と筋立ての中身がソックリなモノに仕上がっています。惜しいかな山田洋次は「男はつらいよ」のプロットを当て嵌めてしか撮れない人となっているようで、全てをその世界観に本作を入れ込もうとあちらこちらの藤沢周平短篇作品を切り張りして紡ぎだしているように思えます。
 映画の製作記を見てみても、そもそも藤沢作品ありきなら「竹光始末」で一作作ってしまえばいいところ
 しかしこれでは尺が足りないとか、クライマックスまで物足りなく思えて「たそがれ清兵衛」にたどり着くまでの過程は、始めから家族物のドタバタの寅さんありきの構成を考えていたのではないかと勘ぐりたくもなり。
 たまたま、現代劇の「学校」シリーズでは賞は取れるものの、思ったような興行にはいたらずに、しかたなく時代劇に「寅さん」を持ってきてやりたかったように思えます。

 もともとの原作の「たそがれ清兵衛」には妻がいるのですが、妻がいると寅さんにはならないので妻は無し。マドンナの朋江のために身を粉にして人肌脱ぐも、マドンナと結ばれるわけにはいかないからTV版の様に崖から落ちて退場していただくのと同じように、早々に戊辰戦争で清兵衛は死んだことになってしまいます。

 続く、2作目の「隠し剣 鬼の爪」、3作目の「武士の一分」にしても同じことが繰り返されるだけですが、結局のところ黒沢明のような正当な武士の時代劇ということではなく。時代劇調にした家族コメディーしか撮れないのに、土台がブレるので何を撮りたいのか良くわからないところがあるように思えます。
 

 しかし、平侍の下級層の武士の家庭をサラリーマンと捉えて置き換えるなら、ソコにはうまく時代劇に置き換えた家族の物語が描かれており。
 武士の困窮生活の一旦と、藩の無茶な命令に突き動かされる運命をからめた姿は深みを増して観客を惹きつけていき飽きさせるところがありません。まさに一級のエンターテイメント作品です。



たそがれ清兵衛 [DVD]たそがれ清兵衛 [DVD]
(2005/04/28)
真田広之、宮沢りえ 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

緋色悠依

Author:緋色悠依
あかでやみぬる月の光を

 お勧めの本を紹介しております。
 リンク・フリー(アダルトはご遠慮ください)です。コメントなどでご一報いただければ幸いです。
あなたの拍手などが明日への活力に!!応援よろしくお願いします。

最新記事

三宅 純 Jun Miyake ブログパーツ

[Jun Miyake Music Player]

最新オリジナルアルバム[Stolen from strangers](2007)、[The Miraculous Mandarin](舞台:中国の不思議な役人)(2009)から、デビューアルバム[JUNE NIGHT LOVE](1983)まで、ソロでの作品からサウンドトラック、プロデュース作品、CM音楽として提供したものなど、今までの作品の中から21タイトル(09年10月現在)・各4~6曲ずつ全122曲を試聴できます。既に入手困難なアルバムもラインナップ。各曲フルレングスで聴くことができ、三宅 純の世界をPC上で体感できるパーツです。 TDKカセットテープ ADスプレンダーCM曲。アルバムjune night loveに収録されている「could it be real?」がお勧め。

おまかせ

2ちゃんねる痛いニュース

http://www.starbucks.co.jp

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ジオターゲティング


ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。