あかでやみぬる月の光を

本との出会いを徒然なるままに綴る。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠し剣 鬼の爪

隠し剣 鬼の爪



 原作:藤沢周平。剣豪を描いた『隠し剣』シリーズの『隠し剣鬼ノ爪』と、男女の淡い恋愛を描いた人情劇『雪明り』の2作品の短編時代小説をもとにした2004年10月30日公開の日本映画


隠し剣001

 江戸時代末期。東北地方の小藩・海坂藩の平侍であった片桐宗蔵(永瀬正敏)は、母・吟(倍賞千恵子)と妹の志乃(田畑智子)、女中のきえ(松たか子)と、貧しくも笑顔の絶えない日々を送っていた。
 やがて母が亡くなり、志乃は親友の島田左門(吉岡秀隆)と、吟から実子と同様に習い事と躾を施されていたきえは商家にそれぞれ嫁入りしていった。
 宗蔵の心中には寂しいが武士としての筋目を守り日々をすごした。

 ある雪の日、宗蔵ときえは三年ぶりに町で再会する。大店の油問屋の伊勢屋に嫁して幸せに暮らしているとばかり思っていた宗蔵には、きえのやつれた表情に胸を痛めるのであった。


 それから数ヵ月のち、海坂藩では近代化を図るために江戸から新しい指導教官を呼びよせ、宗蔵を含め他の藩士たちは懸命に慣れない行進や新式の銃、大砲の調練に励んでいた。
 しかし、急激な西洋式と近代化の改革へ進む藩の動きに快く思わないものも多数いた。その一人宗蔵のおじの片桐勘兵衛(田中邦衛)もその一人で、宗蔵の母の三回忌の席上で武士でありながら飛び道具を使うから嫁がもらえないとお鉢を回される始末だった。



隠し剣002
 法事を終えて亡き母の思い出話をしていた志乃からひょんなことで、きえが過労で倒れ病で伏せっていると聞いた宗蔵は伊勢屋へ駆けつけ。おかみ(光本幸子)を強引に説き伏せると、やつれ果てて横たわっていたきえを背負って強引に自分の家に連れ帰るのであった。
 順調に回復するきえと共に宗蔵の侘しい暮らしも明るさを取り戻すようであったが、彼女を愛している自分が彼女の人生を妨げているのではないかと思い悩む。



 そのころ、藩では重大事件がおきていた。海坂藩江戸屋敷で謀反が発覚したのだ。幕府に発覚するのを恐れた藩は、関わった人物を内密で処分し、首謀者の一人である狭間弥市郎(小澤征悦)は山奥の座敷牢に閉じ込める刑を下すため奥羽山脈の麓の村に護送した。
 宗蔵と弥市郎は同じ藩の剣術指南役であった戸田寛斎(田中泯)の門下生だった。戸田は宗蔵に流派の秘剣 "鬼の爪" を伝授していた。
 藩では他にも関係者がいるのではないかといぶかり、同じく剣の同門であった宗蔵は家老の堀将監(緒形拳)に呼び出され問い詰められる。しかし、密告するのは士道に劣ると宗蔵が他の門下生の名を口に出すことはなかった。



隠し剣003
 世間では二人の関係で心無い噂が取りざたされるようになり、宗蔵はきえを実家に帰す事を決心する。
 休みの日に、子供のころからの夢だったという海にきえを連れて行くと、宗蔵は寂しい気持ちをこらえてきえに実家に帰るように言う。命の恩人の宗蔵の傍にいたいというきえだったが、新しい人生を見つけて幸せに暮らして欲しいと言い聞かせる宗蔵に、きえはただ頷きながら涙を流すのであった。



隠し剣004
 そんなとき。郷入りの刑に処されていた狭間弥市郎が牢を破り、百姓の家に父娘二人を人質にとって立て籠もる。弥市郎は藩内随一の剣術使いであるため、大目付の甲田(小林稔侍)は同門の宗蔵に打手を命じられるのだった。
 不運なめぐり合わせを感じつつも宗蔵は藩命に従い、弥市郎が立て籠もる家に赴き新式の鉄砲隊に包囲されている現状を説き、武士らしく切腹するように説得するが弥市郎は宗蔵との真剣勝負を望む。
 宗蔵は弥市郎との勝負に一髪の差で競り勝つも、皮肉にも弥市郎に最後の止めを刺したのは鉄砲隊が浴びせた銃弾だった。



隠し剣005
 弥市郎の無念さを思い嘆く宗蔵であったが、弥市郎の妻・桂(高島礼子)が家老に夫の命乞いをしたものの、妻女の体を玩んだだけだったと訊くに及んだ宗蔵は、秘剣”鬼の爪”で家老の堀の命を奪うのだった。



隠し剣006
 侍の道を捨てることにした宗蔵は新たな旅立ちを決心していた。親友の島田や妹の志乃に別れを告げ城下を後にする。そして宗蔵は片田舎のきえの実家を訪れ、きえに秘めていた思いを打ち明け蝦夷で新たな運命を共にして欲しいと伝える。きえも突然の告白に戸惑うものの宗蔵の気持ちを受け止めるのであった。



キャスト
片桐宗蔵:永瀬正敏
きえ:松たか子
島田左門:吉岡秀隆
狭間弥市郎:小澤征悦
島田志乃:田畑智子
狭間桂:高島礼子
片桐勘兵衛:田中邦衛
片桐吟:倍賞千恵子
医師:笹野高史
戸田寛斎:田中泯
島田門左衛門:綾田俊樹
大目付・甲田:小林稔侍
家老・堀将監:緒形拳
直太:神戸浩
伊勢屋のおかみ:光本幸子
教官:松田洋治
矢崎:赤塚真人
奥戸:香川耕二
数馬:近藤公園
長谷川:北山雅康
広田:小市慢太郎
粂:山村嵯都子
ぶん:斉藤奈々
須藤:笠井一彦
番小屋の小者:佐藤亮太
長吉:前田淳
かね:水野貴以
志乃原良子、松野太紀、土方錦ノ助、鍋島浩、吉良浩一、中島崇博、武田博之、福岡貴之


スタッフ
監督 山田洋次
製作総指揮 迫本淳一
製作 久松猛朗
製作代表:大谷信義、間部耕苹、岡素之、佐藤孝、大野隆樹、石川富康
プロデューサー 深澤宏、山本一郎
脚色 山田洋次、朝間義隆
原作 藤沢周平
撮影 長沼六男
美術 出川三男
照明 中岡源権
音楽 冨田勲
音楽プロデューサー 小野寺重之
録音 岸田和美
編集 石井巌
音響効果 帆苅幸雄
衣装(デザイン) 黒澤和子、松田和夫、関口綾子、ワタナベツバサ
スチール 金田正
美術監修:西岡善信
ポスターデザイン:原田泰治
放言指導:山崎誠助
殺陣・所作:久世浩
殺陣:久世七曜会、オフィスビッグ
ガンエフェクト:栩野幸知
特殊造型:江川悦子
現像:東京現像所
製作協力:松竹京都映画
その他:野田助嗣、伊東森人、細川知正、平井文宏、奥田誠治、山崎喜一朗、水田伸生、中井戸信英、吉井伸吾、内木真哉、長坂勉、江川友浩、吉川和良、安永義郎、藤巻直哉、山崎康史、松本肇、古屋文明、小松賢志、山森哲郎、白濱なつみ、中川滋弘、溝口靖、相場貴和、井汲泰之、峰順一、斉藤朋彦、北川淳一、中込秀志、深田晃、浅梨なおこ、寺尾隆一、鳴海聡、簔輪勝、花輪金一

製作委員会メンバー:松竹、日本テレビ放送網、住友商事、博報堂DYメディアパートナーズ、日本出版販売、衛星劇場




 短篇の『隠し剣鬼ノ爪』と、『雪明り』をもとにした、監督:山田洋次の佳作です。
 良作ではあるものの、藤沢周平の記号を取り入れて山田洋次テイストに仕上げた”男はつらいよ”シリーズを時代劇風にアレンジして、藤沢周平を足して2で割って山田洋次で3に薄めたような話に成り下がっています。


 冒頭の自然の景色を織り成す藤沢周平のテイストとは裏腹に、ラストの宗蔵ときえがお花畑のごとく二人で思いを告白して盛り上がるなどは、見方を変えれば完全に”男はつらいよ”の寅さんがマドンナに思いを告白するのと同じ調子です。
 決して藤沢周平のような武士の重く苦しい仕来りの中で下した決断に沿うような代物ではありません。
 後に続く、藤沢周平作品を監督した。黒土三男、篠原哲雄、中西健二、平山秀幸。(敬称略)の各諸氏に比べれば、別段の藤沢周平でなくともとにかく時代劇ならという感じがソコ彼処に感じられ、藤沢作品に対する気持ちがコレぽっちも篭っていないのがとにかくも見ていて減点の材料になるでしょうか。
 

隠し剣 鬼の爪 通常版 [DVD]隠し剣 鬼の爪 通常版 [DVD]
(2005/04/28)
永瀬正敏、松たか子 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

緋色悠依

Author:緋色悠依
あかでやみぬる月の光を

 お勧めの本を紹介しております。
 リンク・フリー(アダルトはご遠慮ください)です。コメントなどでご一報いただければ幸いです。
あなたの拍手などが明日への活力に!!応援よろしくお願いします。

最新記事

三宅 純 Jun Miyake ブログパーツ

[Jun Miyake Music Player]

最新オリジナルアルバム[Stolen from strangers](2007)、[The Miraculous Mandarin](舞台:中国の不思議な役人)(2009)から、デビューアルバム[JUNE NIGHT LOVE](1983)まで、ソロでの作品からサウンドトラック、プロデュース作品、CM音楽として提供したものなど、今までの作品の中から21タイトル(09年10月現在)・各4~6曲ずつ全122曲を試聴できます。既に入手困難なアルバムもラインナップ。各曲フルレングスで聴くことができ、三宅 純の世界をPC上で体感できるパーツです。 TDKカセットテープ ADスプレンダーCM曲。アルバムjune night loveに収録されている「could it be real?」がお勧め。

おまかせ

2ちゃんねる痛いニュース

http://www.starbucks.co.jp

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ジオターゲティング


ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。