あかでやみぬる月の光を

本との出会いを徒然なるままに綴る。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
著者:マイケル・サンデル Michael J. Sandel


『ハーバード白熱教室』NHK教育テレビにて放送中(2010年4月4日~6月20日、毎週日曜18:00~19:00、全12回)!
ハーバード大学史上最多の履修生数をほこる超人気哲学講義、待望の書籍化!
推薦:宮台真司氏

1人を殺せば5人が助かる状況があったとしたら、あなたはその1人を殺すべきか? 金持ちに高い税金を課し、貧しい人びとに再分配するのは公正なことだろうか? 前の世代が犯した過ちについて、私たちに償いの義務はあるのだろうか――。

つまるところこれらは、「正義」をめぐる哲学の問題なのだ。社会に生きるうえで私たちが直面する、正解のない、にもかかわらず決断をせまられる問題である。

哲学は、机上の空論では断じてない。金融危機、経済格差、テロ、戦後補償といった、現代世界を覆う無数の困難の奥には、つねにこうした哲学・倫理の問題が潜んでいる。この問題に向き合うことなしには、よい社会をつくり、そこで生きることはできない。

アリストテレス、ロック、カント、ベンサム、ミル、ロールズ、そしてノージックといった古今の哲学者たちは、これらにどう取り組んだのだろう。彼らの考えを吟味することで、見えてくるものがきっとあるはずだ。

ハーバード大学史上空前の履修者数を記録しつづける、超人気講義「Justice(正義)」をもとにした全米ベストセラー"Justice: What's the Right Thing to Do?"、待望の邦訳。
(解説より抜粋)




 本書は、下記の目次に沿って全10章で構成され、概ねは『ハーバード白熱教室』(NHK教育テレビで2010年4月4日から6月20日まで毎週日曜18時から放送されていたマイケルのハーヴァード大学公開講義番組)放送の内容はインターネット"Justice with Michael Sandel"英語版ですべて視聴できる

第1章 正しいことをする
  幸福、自由、美徳
  パープルハート勲章にふさわしい戦場とは?
  企業救済への怒り
  正義への三つのアプローチ
  暴走する路面電車
  アフガニスタンのヤギ飼い
  道徳のジレンマ

第2章 最大幸福原理―功利主義
  ジェレミー・ベンサムの功利主義
  反論その1:個人の権利
  反論その2:価値の共通通貨
  ジョン・スチュアート・ミル

第3章 私は誰のものか?―リバタリアニズム(自由至上主義)
  最小国家
  自由市場の哲学
  マイケル・ジョーダンの金
  私は誰のものか?

第4章 雇われ助っ人―市場と倫理
  どちらが正しいのか―徴兵と傭兵
  志願兵制の擁護論
  金をもらっての妊娠
  代理出産契約と正義
  妊娠を外部委託する

第5章 重要なのは動機―イマヌエル・カント
  権利に対するカントの見方
  最大幸福の問題点
  自由とは何か
  人格と物
  道徳的か否かを知りたければ動機を見よ
  道徳の最高原理とは何か
  定言命法 対 仮言命法
  道徳と自由
  カントへの疑問
  セックスと嘘と政治

第6章 平等をめぐる議論―ジョン・ロールズ
  契約の道徳的限界
  同意だけでは不十分な場合―ベースボールカードと水漏れするトイレ
  同意だけが必須ではない場合―ヒュームの家とスクイジー・マン
  利益か同意か? 自動車修理エサムの場合
  完璧な契約を想像する
  正義の二つの原理
  平等主義の悪夢
  道徳的功績を否定する
  人生は不公平か

第7章 アファーマティブ・アクションをめぐる論争
  テストの差を補正する
  過去の過ちを補償する
  多様性を促進する
  人種優遇措置は権利を侵害するか
  人種隔離と反ユダヤ的定員制限
  白人のためのアファーマティブ・アクション?
  正義を道徳的功績から切り離すことは可能か
  大学の入学許可を競売にかけては?

第8章 誰が何に値するのか?―アリストテレス
  正義。目的因、名誉
  目的論的思考:テニスコートとクマのプーさん
  大学の目的は何か?
  政治の目的は何か?
  政治に参加しなくても善い人になれるか
  習うより慣れよ
  政治と善良な生活
  ケイシー・マーティンのゴルフカート

第9章 たがいに負うものは何か?―忠誠のジレンマ
  謝罪と補償
  先祖の罪を償うべきか
  道徳的個人主義
  行政府は道徳的に中立であるべきか
  正義と自由  
  コミュニティの要求
  物語る存在
  同意を超越した責務
  連帯と帰属
  連帯は同族を優遇する偏見か?
  忠誠は普遍的道徳原理に勝るか?
  正義と善良な生活

第10章 正義と共通善
  中立への切望
  妊娠中絶と幹細胞をめぐる論争
  同性婚
  正義と善良な生活
  共通善に基づく政治



 議論される共通のテーマは本書のタイトルどおり、これからの”正義”とは何か?である。

 一個人の力では避けようも無い大きな厄としての戦争、台風や地震の災害。事故や事件に遭遇したり巻き込まれたり、その時々において究極の選択を迫られる時が来るかもしれないが、そのときの選択は果たしてベストと言い切れるものなのか……。
 暴走する電車を止めるのに、誰かを犠牲にすれば助かるとしたら……。
 戦場で遭遇したヤギ飼い、彼らは敵に通報するかもしれない。彼らを見逃すか、拘束するか、はたまた口を封じてしまうか……。

 後からなら何とでも結論付けることは出来る。しかし、その場においては未来を見通す力があるわけもなく。まさに神のみぞ知るものであり、人の身において出来うるのは自分の良心に遵って判断することがベストだと思える。
 誰かを犠牲にして生き残ることが許されることなのか、しかし本書では長野政雄氏(塩狩峠)のように献身的な行動で列車の乗客を救うと言う選択は許されてはいない。

 本書ではおそらくどの章のテーマについても、明解で的確な回答というものは無いのでしょう。
 ジェレミー・ベンサム。しかり、ジョン・スチュアート・ミル。もまた然り。幸福や不幸の度合いというもので推し量ろうとは試みはしたが、定量で測れるような性質のものでもないし。また正義とは何かを教えてはくれないし、ましてやそういうものでもない。

 政治ともなるともっと複雑な話になる。誰が一番その民族や国が富み栄えるか。食糧や富を独り占めできるかがよい政治家か否かの手腕の尺度に一つとも言える。この辺は全くの狩猟民族の誰が一番多くの獲物をとり一族に配分できるものが一番栄えるのかという。
 正義からは一番かけ離れた、おそらく相容れない性質のものになりやすいともいえる。だからこその正義を追い求めるのが非常に重要でもあるのだろう。


 しかし、コレこそが本書の意義であり議論を尽くすことこそが、民主主義につながる長い行程の一つ「王道はないが、道は存在する」(フレデリック・ブルックス科学者)ということなのでしょう。




宗教・哲学・TV


これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
(2010/05/22)
マイケル・サンデルMichael J. Sandel

商品詳細を見る


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

緋色悠依

Author:緋色悠依
あかでやみぬる月の光を

 お勧めの本を紹介しております。
 リンク・フリー(アダルトはご遠慮ください)です。コメントなどでご一報いただければ幸いです。
あなたの拍手などが明日への活力に!!応援よろしくお願いします。

最新記事

三宅 純 Jun Miyake ブログパーツ

[Jun Miyake Music Player]

最新オリジナルアルバム[Stolen from strangers](2007)、[The Miraculous Mandarin](舞台:中国の不思議な役人)(2009)から、デビューアルバム[JUNE NIGHT LOVE](1983)まで、ソロでの作品からサウンドトラック、プロデュース作品、CM音楽として提供したものなど、今までの作品の中から21タイトル(09年10月現在)・各4~6曲ずつ全122曲を試聴できます。既に入手困難なアルバムもラインナップ。各曲フルレングスで聴くことができ、三宅 純の世界をPC上で体感できるパーツです。 TDKカセットテープ ADスプレンダーCM曲。アルバムjune night loveに収録されている「could it be real?」がお勧め。

おまかせ

2ちゃんねる痛いニュース

http://www.starbucks.co.jp

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ジオターゲティング


ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。