あかでやみぬる月の光を

本との出会いを徒然なるままに綴る。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冤罪

冤罪
著者:藤沢周平

「冤罪」
 堀源次郎は部屋住みの三男坊、家督を継ぐ道もなく良い婿養子の口を当てにするしがない身の上だったが、そんな源次郎にも毎日の日課の散歩中に菜園を手入れする娘を見かけるのが秘かな楽しみだった。近頃は源次郎が頭を下げると娘を無言で挨拶を返してくる。ちょっと二人の仲が進展したような気持ちが源次郎を惹きつけていた。
 ある日いつものように散歩に行くが娘の姿が見られない、怪訝に思い中を窺った源次郎は戸が打ち付けられた娘の家の異変に気付く。此処二日ばかりの雨で散歩に出なかった間に何かあったのだ。 その日のうちに道場仲間から意外なことが知らされる、あの家の主、勘定方に勤める相良彦兵衛は公金横領の罪によって切腹させられていたのだった。源次郎は散歩の途中見かけた相良の篤実な人柄に、このたびの事件とは不釣合いなものを感じ調べを進めていく。


 短編9篇収録。「証拠人」「唆す」「潮田伝五郎置文」「密夫の顔」「夜の城」「臍曲がり新左」「一顆の瓜」「十四人の目の男」「冤罪」

 小禄だったり部屋住みだったりと武士とはいえ市井の身に近い立場から、事件や事故はたまた過ちを追っていくのですが、どれも一定のパターンはあるものの確かな筆によりしっかりと書き分けられているために飽きることなく読み進めることができる。
 あらためて、短編で直木賞を受賞するということは、それだけの力量をもてあましていたことなのだろうと思います。

小説・歴史・時代・武士・ドラマ・短編
冤罪 (新潮文庫)冤罪 (新潮文庫)
(1982/09)
藤沢 周平

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

緋色悠依

Author:緋色悠依
あかでやみぬる月の光を

 お勧めの本を紹介しております。
 リンク・フリー(アダルトはご遠慮ください)です。コメントなどでご一報いただければ幸いです。
あなたの拍手などが明日への活力に!!応援よろしくお願いします。

最新記事

三宅 純 Jun Miyake ブログパーツ

[Jun Miyake Music Player]

最新オリジナルアルバム[Stolen from strangers](2007)、[The Miraculous Mandarin](舞台:中国の不思議な役人)(2009)から、デビューアルバム[JUNE NIGHT LOVE](1983)まで、ソロでの作品からサウンドトラック、プロデュース作品、CM音楽として提供したものなど、今までの作品の中から21タイトル(09年10月現在)・各4~6曲ずつ全122曲を試聴できます。既に入手困難なアルバムもラインナップ。各曲フルレングスで聴くことができ、三宅 純の世界をPC上で体感できるパーツです。 TDKカセットテープ ADスプレンダーCM曲。アルバムjune night loveに収録されている「could it be real?」がお勧め。

おまかせ

2ちゃんねる痛いニュース

http://www.starbucks.co.jp

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ジオターゲティング


ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。