あかでやみぬる月の光を

本との出会いを徒然なるままに綴る。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の果て(下)

風の果て(下)
著者:藤沢周平

 桑山又左衛門は中老に進んで今の屋敷に移り住んだときから、縁側から見る庭の景色が気に入っていた。枝の隙間から見える月はあのときの切り遭いを思い出させる。
 小黒派との確執により藩が二分され、杉山忠兵衛のたのみで藩主の用人・牧原の警護を任された隼太であったが、不意の襲撃を受けてあわやと思った瞬間、暗闇で見えなかったが助けに入り襲撃者を切り伏せたのは市ノ丞ではなかったのかと……。
 それから隼太は牧原の紹介で町見家(測量技師)を呼び寄せ、太蔵が原の開墾の端緒が付き始める。それは藩主に功績が認められ出世の階段を上り始めるのと同時だった。しかし地味ながらも功績を積み出世を重ねるたびに従い、快く思わない旧知の杉山忠兵衛との新たな確執を生み出してしまうことに。杉山と対決せざる終えない状況に追い込まれた桑山又衛門は。

そして、果し合いの結末は……。



 もともと強烈な出世欲もなく権勢に驕ることも少ない、どこにでもいる凡庸な人物が思わぬ出世を遂げてしまった後日談の形を取っておりますが、義父の慧眼と桑山の家に多少因縁のある太蔵が原の開墾に纏わる辛抱強さが結果を導き出したのでしょう。
良くも悪くも縁を大事にしないとね。

小説・歴史・時代・武士・ドラマ・TV
風の果て〈下〉 (文春文庫)風の果て〈下〉 (文春文庫)
(1988/01)
藤沢 周平

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

緋色悠依

Author:緋色悠依
あかでやみぬる月の光を

 お勧めの本を紹介しております。
 リンク・フリー(アダルトはご遠慮ください)です。コメントなどでご一報いただければ幸いです。
あなたの拍手などが明日への活力に!!応援よろしくお願いします。

最新記事

三宅 純 Jun Miyake ブログパーツ

[Jun Miyake Music Player]

最新オリジナルアルバム[Stolen from strangers](2007)、[The Miraculous Mandarin](舞台:中国の不思議な役人)(2009)から、デビューアルバム[JUNE NIGHT LOVE](1983)まで、ソロでの作品からサウンドトラック、プロデュース作品、CM音楽として提供したものなど、今までの作品の中から21タイトル(09年10月現在)・各4~6曲ずつ全122曲を試聴できます。既に入手困難なアルバムもラインナップ。各曲フルレングスで聴くことができ、三宅 純の世界をPC上で体感できるパーツです。 TDKカセットテープ ADスプレンダーCM曲。アルバムjune night loveに収録されている「could it be real?」がお勧め。

おまかせ

2ちゃんねる痛いニュース

http://www.starbucks.co.jp

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ジオターゲティング


ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。