あかでやみぬる月の光を

本との出会いを徒然なるままに綴る。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の果て(上)

風の果て(上)
著者:藤沢周平

 主人公の桑山又左衛門の宅に、夜分にもかかわらず旧知の知人から書状が届くところから始まる。旧知の友人である野瀬ノ丞からの書状を、不審に思いながらもひも解くとそれは”果たし状”だった。
又左衛門は桑山家に養子に入る前、上村隼太と名乗った若き日々を思い、昔の部屋住みの身分で仲間とともに道場に通った日々を思い出す。
 若き日の隼太とおなじ剣の片貝道場に通う。市ノ丞、寺田一蔵、三矢庄六は同じ部屋住みの身だが一人、杉山鹿之助は代々家老を勤める上士千石の身分だったが杉山の気さくな性格が5人を分け隔てなく付き合う仲だった。その杉山の血縁に当たる藩の重職を務めた隠居の楢岡図書の知遇をえていた。楢岡の話から太蔵が原の開墾に興味を持った隼太はさっそく太蔵が原に出かけていく。
 木々が茂る太蔵が原についたものの右も左も分からない隼太であったが、そこで長四郎堰など土木工事で実績もあり郡代に昇進すると噂の桑山孫助に出会う。孫助は隼太を気に入り婿入りを促す。
 杉山鹿之助は家督をついで杉山忠兵衛に、隼太も桑山家に婿入りを決意し桑山隼太へ、仲の良かった5人は其々の道を歩みだす。
 そんなとき、藩内は小黒家老派と杉山を中心とする反小黒派に別れて不穏な空気が流れ始めていた。隼太のもとにも杉山忠兵衛から呼び出しがかかる。



 気負いもなく読み始めると、若き日の隼太が漠然とした成功する夢と不安を抱えながら過ごす日々に共感し、ふとした友人の知遇や出会いを経て家老にまで上り詰める成功話のように読めます。
 しかし、そんななかでも彼なりに友を失い傷つき出世の変わりに失ったものもあるということを、筆頭家老となった今と若き日を交互にえがくことで何かしらそこになくした物に対する郷愁が漂います。
この、郷愁が藤沢作品の魅力でもあります。

小説・歴史・時代・武士・ドラマ・TV
風の果て〈上〉 (文春文庫)風の果て〈上〉 (文春文庫)
(1988/01)
藤沢 周平

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

緋色悠依

Author:緋色悠依
あかでやみぬる月の光を

 お勧めの本を紹介しております。
 リンク・フリー(アダルトはご遠慮ください)です。コメントなどでご一報いただければ幸いです。
あなたの拍手などが明日への活力に!!応援よろしくお願いします。

最新記事

三宅 純 Jun Miyake ブログパーツ

[Jun Miyake Music Player]

最新オリジナルアルバム[Stolen from strangers](2007)、[The Miraculous Mandarin](舞台:中国の不思議な役人)(2009)から、デビューアルバム[JUNE NIGHT LOVE](1983)まで、ソロでの作品からサウンドトラック、プロデュース作品、CM音楽として提供したものなど、今までの作品の中から21タイトル(09年10月現在)・各4~6曲ずつ全122曲を試聴できます。既に入手困難なアルバムもラインナップ。各曲フルレングスで聴くことができ、三宅 純の世界をPC上で体感できるパーツです。 TDKカセットテープ ADスプレンダーCM曲。アルバムjune night loveに収録されている「could it be real?」がお勧め。

おまかせ

2ちゃんねる痛いニュース

http://www.starbucks.co.jp

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ジオターゲティング


ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。