あかでやみぬる月の光を

本との出会いを徒然なるままに綴る。

Category [歴史・中国史 ] 記事一覧

スポンサーサイト

中国の歴史と故事

中国の歴史と故事 著者:藤堂 明保1、倉頡始めて書を作る 今を遡ること1900年前、後漢の許慎が最古の字典『説文解字』のなかで”倉頡始めて書を作る”ともっともらしく述べている。倉頡の「倉」は創造するにあてた漢字であり、「頡」の吉は壺に詰め込んだ形を現したもので、頁は頭をあらわした文字である。ようするに「倉頡」とは知識を詰め込んだ頭のいい”知恵者”という意味に過ぎない、文字を作り上げた想像上の人物である。...

諸葛孔明の兵法

諸葛孔明の兵法著者:守屋洋「諸葛亮集」を定本としており、主に軍事を主眼において解説が展開されております。 奇しくも明徳出版の「諸葛孔明語録」と出典は同じですが、若干定本にした年代が違うこともあるのか内容は異なります。守屋洋先生の講演も拝聴する機会がありました。そこからの印象と本書の内容からは紛れもなく直球勝負の正論から突き詰めていく解説です。 前段の第1章では演義にもふれてなかなか読みやすい内容に...

諸葛孔明語録

諸葛孔明語録著者:中林史朗 「諸葛亮集」を定本に原典を見直して著述されたもので定本となったものよりは完成度は高いといえるでしょう。全体としては公的な性格の文章で占められ、政治的な意味合いの強いものになっているのが特徴です。 「出師の表」、「後出師の表」。以外の文章は広まっているとは言えず。そのほかの孔明の文章・言論を考察するには本書は非常に良いです。しかし中にはどうかなと思うようなものも含まれてい...

三国志

三国志著者:宮川尚志 三国志六十五巻から必要な項目を抜粋し解説と訳を付け加えた。三国志の書物の中では定本に位置する良書です。 中国古典新書の特徴として、解説が非常に親切丁寧で多岐にわたるので解説を読むだけでも価値があります。一般の演技三国志とちがい歴史書の「三国志」は紀と列伝からなるので本文は時系列に沿って話が進むわけではないので一般の小説と違ってあらすじが頭に入っていなければ分かりにくいと思いま...

諸葛孔明「三国志」とその時代

諸葛孔明「三国志」とその時代著者:宮川尚志 日本人に最も親しまれている中国史上の人物”諸葛孔明”の後漢王朝末期から三国時代にいたる生涯を忠実に検証した孔明研究の一冊 著者宮川尚志博士は、東洋・中国の歴史研究において第一人者、中国の歴史に関する著作も多いです。この本は初心者は難しいといわざる終えないです、三国志を通読した後に読み返すと”なるほど”と頷けるところが多い通好みといえます。 三国時代の時代背景...

ご案内

プロフィール

緋色悠依

Author:緋色悠依
あかでやみぬる月の光を

 お勧めの本を紹介しております。
 リンク・フリー(アダルトはご遠慮ください)です。コメントなどでご一報いただければ幸いです。
あなたの拍手などが明日への活力に!!応援よろしくお願いします。

最新記事

三宅 純 Jun Miyake ブログパーツ

[Jun Miyake Music Player]

最新オリジナルアルバム[Stolen from strangers](2007)、[The Miraculous Mandarin](舞台:中国の不思議な役人)(2009)から、デビューアルバム[JUNE NIGHT LOVE](1983)まで、ソロでの作品からサウンドトラック、プロデュース作品、CM音楽として提供したものなど、今までの作品の中から21タイトル(09年10月現在)・各4~6曲ずつ全122曲を試聴できます。既に入手困難なアルバムもラインナップ。各曲フルレングスで聴くことができ、三宅 純の世界をPC上で体感できるパーツです。 TDKカセットテープ ADスプレンダーCM曲。アルバムjune night loveに収録されている「could it be real?」がお勧め。

おまかせ

2ちゃんねる痛いニュース

http://www.starbucks.co.jp

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ジオターゲティング


ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。