あかでやみぬる月の光を

本との出会いを徒然なるままに綴る。

Category [三国志・備忘録 ] 記事一覧

スポンサーサイト

『三国志』 諸葛孔明・3

諸葛孔明 3草蘆対(草の庵の対策、隆中策、天下三分の計)・水魚の交わり因屏人曰。因って人を屏(しりぞけて)曰く。漢室傾頹。姦臣竊命。主上蒙塵。孤不度量力。欲信大義於天下而智術淺短。遂用猖獗至于今日。然志猶未已君謂計將安出。漢室傾頹し、姦臣命を竊(ぬす)み。主上蒙塵す。孤(われ)徳を度り力を量らず、大義を天下に信(の)べんと欲するも、智術淺短にして、遂に用(も)って猖獗(しょうけつ)し...

『三国志』 諸葛孔明・2

諸葛孔明 2三顧の礼・荊州のころ 建安の始め(196年頃)ちょうど叔父の諸葛玄が職を追われている前後と推測されるころ。孔明は潁川(エイセン)の石韜(広元)、徐庶(元直)、汝南の孟達(公威)らと共に師に従って遊学します。  友人らが真面目に勉強し一字一句まで詳しく調べている間、孔明はただ文章の大略の意味を見るに留めていたとあります。 後漢の時に儒学は極盛になり、朝廷の制度や官吏の登用、論文試験ももっ...

『三国志』 諸葛孔明・1

諸葛孔明 1系譜を読み解く 三国志に「諸葛亮伝」として列伝に取り上げているものの孔明の家系については明瞭でない部分も多く、「諸葛」という中国では珍しい二文字の諸葛姓に関しても諸説あります。 三国の中の呉に仕えた”韋昭”が著した「呉書」からは、初めは”葛”氏といい瑯耶郡の諸県(山東省諸城県)に居住していたが、ゆえあってか後に陽都(沂水県の南)に移住したところ、陽都には以前から葛という姓があり、この人たち...

ご案内

プロフィール

緋色悠依

Author:緋色悠依
あかでやみぬる月の光を

 お勧めの本を紹介しております。
 リンク・フリー(アダルトはご遠慮ください)です。コメントなどでご一報いただければ幸いです。
あなたの拍手などが明日への活力に!!応援よろしくお願いします。

最新記事

三宅 純 Jun Miyake ブログパーツ

[Jun Miyake Music Player]

最新オリジナルアルバム[Stolen from strangers](2007)、[The Miraculous Mandarin](舞台:中国の不思議な役人)(2009)から、デビューアルバム[JUNE NIGHT LOVE](1983)まで、ソロでの作品からサウンドトラック、プロデュース作品、CM音楽として提供したものなど、今までの作品の中から21タイトル(09年10月現在)・各4~6曲ずつ全122曲を試聴できます。既に入手困難なアルバムもラインナップ。各曲フルレングスで聴くことができ、三宅 純の世界をPC上で体感できるパーツです。 TDKカセットテープ ADスプレンダーCM曲。アルバムjune night loveに収録されている「could it be real?」がお勧め。

おまかせ

2ちゃんねる痛いニュース

http://www.starbucks.co.jp

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ジオターゲティング


ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。